本文へスキップ

4500円LED投光器 50wと1500円LED投光器 50w 分解検証

4500円LED投光器50wと1500円LED投光器 50w 分解検証installation method

【究極の対決】

led投光器分解対決

今回分解の商品は浦崎株式会(URAZAKI)社のLED投光器50w昼白色とネット通販から購入したG社の50w昼白色

まずは商品の価格から紹介します。タイトルの通りで、当社の商品は4500円とG社の1500円、ホームセンターコーナンのLED投光器と比べてみたら、2社とも高くないと感じます。

送料:
当社は850円、1個でも、100個でも送料は変わりません。
G社の送料は850円なんですが、追加1個商品を購入の場合、送料も500円追加で、なんか送料で儲けるらしい。

価格の対決結果
当社星三つ VS 星四つG社


実物写真

led投光器50w led投光器50w

商品を見てみると、当社の商品はシンプルながら高級感がありと感じます、G社の商品は普通だと、ほぼ同じ大きさで、50wならこれぐらいの大きさが必要だなと感じます。

商品ボディー比較結果
当社星五つ VS 星三つG社

見た目は似てるが中身は完全な別物!!!!


当社のLED投光器 50wの重さは約2KG、熱伝導のため、アルミを大量使用されています。プラグ付きのコードは3Mです。
led投光器50w重さ

G社のLED投光器 50wは1.67KG、軽い!プラグなしで、コード約5M、写真に映っているのプラグは自分で買ったもの、パナソニック社の商品150円です。
led投光器50w重量

重さ対決の結果
当社星四つ VS 星四つG社

※G社の商品はプラグが付属していない点はやや不満なんですが、5Mのコードは結構便利です、よって星4つ

効率的に放熱しないと不具合や寿命が短くなるため、十分のアルミが必要、アルミ量の対決!!!

led投光器50wアルミ比較

側面から見てみると、一目瞭然でしょう、高さが全然違う!

じゃぁ!2台の放熱フィンの厚さと高さを測って検証してみます。

当社のLED投光器 50w 放熱フィン厚さ3o
led投光器放熱フィン厚さ

G社のほうは約1mmです。
led投光器放熱フィン厚さ

続いては高さを測ります。
当社のled投光器 50w 放熱フィン高さは16o

led投光器放熱フィン硬さ


G社商品放熱フィンの高さは9o
led投光器放熱フィン硬さ
これぐらいならあんまり変わらないと思うかもしれませんが、じゃぁ、フィンの全体を見てみます。

当社の商品

led投光器放熱

G社の商品
led投光器放熱


G社の商品は放熱ちゃんと考えて良いだと思います。当社の商品はしっかりと作っていて素晴らしい商品です。

以上の対決で「良い」と「すばらしい」の違いがわかったでしょうか。

アルミ使用量対決
当社星五つ VS 星三つG社
※アルミの使用量は耐久性(使用寿命)に関わっているので、星3つはやや不満ってこと

その他細かい部分

ねじと商品情報表示シール
led投光器ネジ

ねじだけは言いたくないですが、安物は安いのわけがあります。

led投光器シール
led投光器シール

国内販売時には商品表示法で定められた日本語の表記をしなけれなりません。

G社は丸いのシール1枚だけで電気用品安全法適合性検査を受けることがないとわかりました。万が一火災が発生した場合、自己責任になります。

当社の商品はPSE取得済み、保険も加入しました、万が一の場合、最大1億円の損害賠償があります。

安全面対決
当社星五つ VS 星一つG社
※安全は第一だから、星1つで、とても不満でした!

続いて中身の対決!!!


全部ばらして、中身を検証します!!!

led投光器中身

led投光器ばらす

当社のLED投光器 50wとほぼ同じ構造ですが、やはりG社商品のアルミ量、ねじが短い、反射板を固定するねじは本来4個必要だが、G社2個で固定、まぁ!値段相当だね!1500円だから!

続いてLED投光器の一番大事な部分光源(素子)を比較してみます

まずは素子をはがします。ハンダ付とハンダ吸い取りは軽作業なので、省略します。
led素子ハンダ付


両方ともきれいに取れちゃいました!
led素子

当社のLED素子構造複雑で、真ん中5列のつぶつぶのやつはっきり見えます、G社のLED素子シンプルで、つぶつぶの素子が小さくて見えません。

なぜつぶつぶの点が大事なのか、照度には大きな関係があります。大きければ大きいほど良い。

重さも一応測ってみます。
当社のled光源
led素子重さ

G社のLED光源
led素子重さ

当社の光源チップ23.2g,G社の光源は9.2g

ここまでは激安の安い理由がわかりましたか!節約するなら、なんでも節約する、だって安い物も利益を出さないと意味がないです、だからいろんなところを考えて節約しています。

光源チップの品質対決
当社星五つ VS星三つG社

最後の最後でみんなに教えたい!!!!!LED業界の悪質業者のしわざ!!!!

最後を利用するものはワットチェッカーです!!!
アマゾンから注文した異なるメーカーのワットチェッカー:
@SANWA SUPPLY TAP-TST7とA株式会社トップランドelemoni
を使って測ってみます。

まずは当社の商品から

led投光器ワット数

当社の商品をワットチェッカーで測った結果は56Wと0.54kW(54w)、平均値は55wです

正真正銘のLED投光器 50W!

万歳



G社の商品を測ってみます。
led投光器ワット数
ワットチェッカー測った結果は24Wと0.23kW(23w)、平均値は23.5wです
正真正銘?のLED投光器 20W商品(笑)!

笑う

正確なワット数対決
当社星五つ VS 星2つG社

led 50wを名乗って、堂々と販売する業者はたくさんあります。こちを50wと表示するのは、不当表示です!不当表示であると判断された場合、法人やその代表者等にも2年以下の懲役又は300万円以下の罰金が科せられます。

まとめ

残り検証できないことは光源照度落ちることです。品質悪いのLEDチップは長時間連続点灯すると段々に劣化して薄暗くなります。だからアルミをしっかり導入して、熱伝導をしっかり対策することは一番重要です。

保険の加入、しっかり防水防塵コーキング、あとはメーカーからの保証です。当社は1年保証付き、激安の商品はほとんど保証なし、1週間保証のメーカーも多い。

この二つの商品を実際に点灯して明るさの検証する必要がないだと思います、なぜかというと20wは50wと比べないものです。が、一応明るさ比較写真更新する予定。【URAZAKI】LEDの明るさを体験してください
(2月28日更新予定)

led投光器 50w


この二つのLED投光器50w内蔵の電源ユニットは次回分解して徹底的に比較するレポートを出します。

2017/02/21



バナースペース

urazaki通販

オンラインショップ

ssl
国産SSLで強固な暗号化

よくあるご質問

よくあるご質問

URAZAKIのサポート製品関連情報(FAQ)を一覧しています
レビュー

お客様の声一覧

お客様のお声をご紹介するページです。またお客様インタビュー記事もございます。
adobe

Adobe Reader

FAX用紙PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerのインストールが必要です。