本文へスキップ

防爆防災用投光器 販売業者保険加入必要

防爆防災用投光器 販売業者保険加入必要installation method

防災用照明器具

悪質のled投光器、熱伝導がうまくいかない、発熱の原因で温度が高くなると漏電発火になり、更に大きくなると火災になる危険性もあります。火災に強いの照明器具を選択したほうがよいでしょう。事故防止のため、災害用、防災用led投光器を紹介します。

防爆防災用投光器とは 、化学プラントや石油プラントなど災害発生時に可燃性の高いガスが充満することが想定される現場で使用するための照明器具です。
防爆防災用投光器

照明器具の中には使用時に高温を発するものがありますが、可燃性の高いガスが充満した環境で照明器具が高温になるとガスに印加し大規模な火災を発生する恐れがあります。

特に想定外の自体でガスが充満する可能性が高い災害発生時には証明による被害が甚大になる可能性があるため、安全性を考慮した照明器具を備えておかなくてはいけません。

可燃性ガスへの引火や爆発を防止する処置が施された機器を「防爆機器」といい、中でも防災用に特化した照明器具が防爆防災用投光器です。

防爆防災用投光器の必要性

工場やプラントでは安全な作業環境を確保するために十分な照明器具を設置するよう法律で定められています。
工場照明器具

法律に基づいて照明を設置するのは施設管理者の義務ですが、単に明るさだけを確保すれば良いというものではありません。

通常の環境よりも事故が発生する確率が高い向上やプラントでは、万一の事故発生時にも安全を確保できる機能を備えた照明器具の設置が求められます。

可燃性の高いガスに印加することのない防爆防災用投光器は、施設で働く従業員の安全確保に必須の設備です。

1979年に定められた工場電気設備防爆指針では、工場設備の危険度に応じて危険とされる場所を0種、1種、2種の3段階に分類しています。 それぞれ安全管理基準や設備設置基準が異なり、照明機器の安全性に関しても指針に準じるよう指導が成されています。

防災用として要求される防爆防災用投光器 工場設備では通常業務だけでなく万一の災害発生時も想定して設備機器を選定しなくてはいけません。

照明器具漏電
照明機器においては漏電やガスへの引火、経年劣化による発火など重大事故を防げる安全性の高い照明を設置しないと甚大な被害に発展する恐れがあります。

防爆防災用投光器は通常の照明よりも安全性を高めるために漏電防止や燃焼性の高いガスへの引火防止、発熱による火事を防ぐための温度上昇抑制など特別な防爆処置が施されており、災害現場でも安心して使用できます。

一台あたりの価格は防爆処置の施されていない通常の照明よりも高価になってしまいますが、安全性を考慮すれば必要な負担です。

災害用照明なら防爆防災用投光器 災害現場で使用する目的で照明を購入するのなら、防爆防災用投光器を選ぶべきです。

災害現場で最も注意が必要なのは漏れ出たり気化した可燃性の高いガスです。目に見えない引火性の高いガスが充満していることに気付かず通常の照明を使用してしまうと、照明の電気系統から発生した火花から引火し火事の原因になる可能性があります。

ガソリンが発火する温度255℃、ベンゼンが発火する温度は498℃と一見高温に思えますが、照明機器から火花が飛び散れば簡単に着火してしまう温度であり、防爆処置の施されていない照明を何があるか怒らない災害現場でうかつに使用すれば照明からの発火で二次災害を引き起こす可能性があります。

安全性を確保するためにも災害現場用の照明には防爆防災用投光器を選びましょう。


防爆防災用投光器には販売業者保険の加入が必要 防爆防災用投光器は機器の不調が火事などの重大事故につながりかねない常に危険性がつきまとう製品です。

万一の事故で発生した被害に備えるためにも、売買時には販売業者保険の加入が必要です。 販売業者保険があれば製品の欠陥に起因する火事および災害の被害は保険でカバーされます。

保険未加入だと被害が補償されず、照明機器を安心して使用できません。機器導入時には販売業者保険の有無や保障内容を必ず確認し、安心して購入できる販売店と取引してください。
pl保険


バナースペース

urazaki通販

オンラインショップ

ssl
国産SSLで強固な暗号化

よくあるご質問

よくあるご質問

URAZAKIのサポート製品関連情報(FAQ)を一覧しています
レビュー

お客様の声一覧

お客様のお声をご紹介するページです。またお客様インタビュー記事もございます。
adobe

Adobe Reader

FAX用紙PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerのインストールが必要です。