本文へスキップ

led作業灯をご購入前のチェックポイント!悪質業者に騙されないで!

led作業灯をご購入前のチェックポイント!悪質業者に騙されないで!installation method

led作業灯をご購入前のチェックポイント!

led作業灯

業務効率に大きな影響を与えるled作業灯現場作業に欠かすことができない作業灯。

これまでの作業灯はハロゲンライトや水銀灯などが主流でしたが、現在では省エネで軽量のled作業灯が普及しています。

led作業灯なんてどれも同じと思われがちですが、それは大きな間違いです。手元を明るく照らすled作業灯は作業のしやすさに直結する大切な道具であり、どんなled作業灯を選ぶかによって業務効率に大きな違いがでてしまいます。

相応しくないled作業灯を用いた業務では効率が落ちるだけでなく安全性にも重大な支障が生じかねません。作業効率を改善するためにも、現場の安全を守るためにも目的や条件にあったled作業灯を準備しましょう。

led作業灯の明るさについてled作業灯選びの第一のポイントは「明るさ」です。

led作業灯の目的は必要な部分を明るく照らすことであり、明るさが充分でないと作業がしづらく危険性も高まります。

led作業灯は一般の照明とは異なり、用いられる現場の状況によって必要な明るさが異なります。明るい室内での作業に用いるled作業灯と暗い地下の現場で用いるled作業灯では当然求められる明るさは異なります。

選ぶ基準としては光源となるled作業んそのものの明るさではなく、作業面までの距離を考慮した照度(lx)を参考にするとよいでしょう。照度はJIS企画によるJIS照度基準が設けられており事務所、工場、船舶などそれぞれの場所に応じて適切な照度が定められています。

基準を参考に十分な照度を有するled作業灯を選んでください。

led作業灯の集光性ledは他の高原よりも集光性が高く、光源から光が拡散しにくいという特徴があります。集光性が高いことから照らしたい部分を効率良く照らせる省エネ性が実現しているのですが、逆に言うと必要な部分以外は明るくなりにくいともいえます。
作業灯
旧型の作業灯をled作業灯に交換したら数値上は明るくなるはずなのになんだか暗く感じてしまう、というケースがありますがこれはledの集光性によって高原から離れた場所が明るくなりにくいことが原因です。

欠点を補うために光が拡散するように設計されているled作業灯もあります。広い場所をled作業灯で明るくしたいときは十分光が拡散するか購入前にチェックしておきましょう。光の色調によってモノの見え方が変わる可能性があるled作業灯は白っぽい色の光を発します。それまで電球色や温白色など赤みを含んだ色の照明を使っていたを白いled作業灯に切り替えてしまうとモノの見え方が変わる可能性があるので注意が必要です。特に向上や工事現場など作業工程の中に部品や道具を色で識別する手順が含まれている場合、

作業灯によってモノの見え方が変わると大きな影響が生じる恐れがあります。

照明の影響によって取り違えが起きると重大な事故になりかねません。

最近のled作業灯は白色以外の光を発する製品も増えているので、今まで使っていた作業灯に近い色合いのled作業灯に切り替えると混乱によるミスを防げます。

万一の自体に備えるled作業灯の中には停電時の点灯機能を備える製品があります。作業現場によっては照明設備がled作業灯のみというところも少なくありません。

そのような現場では停電によって照明が消えてしまうと重大な事故に繋がる恐れがありますが、停電時の点灯機能付きled作業灯を選んでおけば明かりが消えること無く作業員を安全に避難させられます。


手持ちに便利なled作業灯作業員が手に持って作業箇所を直接照らすタイプの作業灯にはledがピッタリです。

led作業灯は軽量で持ちやすく、熱を発しないため体の近くに照明を寄せても人体に影響はありません。やけどの心配もなく、安全に使用できます。

悪質業者に騙されないで!



バナースペース

urazaki通販

オンラインショップ

ssl
国産SSLで強固な暗号化

よくあるご質問

よくあるご質問

URAZAKIのサポート製品関連情報(FAQ)を一覧しています
レビュー

お客様の声一覧

お客様のお声をご紹介するページです。またお客様インタビュー記事もございます。
adobe

Adobe Reader

FAX用紙PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerのインストールが必要です。