本文へスキップ

技術情報

技術情報TECHNOLOGY

防水防塵技術

IP 解説
IPとは JIS C 0920:2003 又は、IEC 60529 に基づいて規定された 固体異物、ウオーターに対する電気器具、クロゼットの防護等級表示です。
IP 表示説明 IP 6 5 防護特徴マーク 第1標号(人身及び固体異物に対する防護等級0〜6) 第2標号(ウオーターの侵入に対する防護等級0〜8) IPテスト作業は全部規定モード、規定時間内で行われる為、長時間保証をするものではありません。防水・防塵商品利用に際しての注意点

1. 室外に設置される場合、屋根、排水、排気、耐候性家屋塗装等の追加対策が必要になる場合がございますのでお問合せ下さい。
2. 商品を設置する時の取付脚を、商品材料と異なる材料でご使用になる場合、膨脹率の差による毀傷のおそれが ございますので、1足ごと単体の取付脚をご使用になる事をおすすめ致します。
3. 製品附属の標準ガスケットが経年劣化したケースのガスケット交換については、お問合せ下さい。
4. IP68(冠水型)については、特定の規定がございませんのでお問合せ下さい。
5. その他防水・防塵ボックスに関してご不明な点はお問合せ下さい。


最新技術紹介

「LED業界」 最新技術
Li-Fiはドイツの物理学者ハラルド・ハース(ヘラルド・ハース)によって開発された新無線データ伝送技術です、室内照明が点滅の周波数を変化させることによってデータ転送10mb/秒を行います。適用場所:病院、空港、軍事、さらには水中。

メリット:無線信号伝送装置の多くの制限があり、しかも無線転送は高い、効率は、ケータイのように、強化された信号の基地局が140万台存在しています、 逆に、光は高額のものではない、エネルギーのほとんどは、わずか5%の冷却効率に使用され。世界の電球が400億を使用しているため、より高い効率です。 ワイヤレスネットワークの送信機に電球を作ることができます。 しかし、この技術は、独自の制限があります。

デメリット:可視オブジェクトを貫通することができないということです、受信機がブロックされている場合、信号がカットされます。問題は、私たちのケータイなどのよ うに通信するために、可視光を使用するには?" これらの2現実の問題である、単純な一時的な解決策を持っています。 光信号が遮断され、あなたが情報を送信するように中継デバイスを使用すること必要がある場合は、RF信号に自動切り替えることができます。"WiFiのライバル が、補完的な技術ではないかと考えているスペクトル空間の解放に貢献しています。 "

我々はまだ無線LANを必要である、無線通信システムでは、高速移動体に データを送信することはできません、壁や障害物の後ろに、オブジェクトツリーにデータを送信するために電球を使用する必要があります。
LIFI

バナースペース

urazaki通販

オンラインショップ

ssl
国産SSLで強固な暗号化

よくあるご質問

よくあるご質問

URAZAKIのサポート製品関連情報(FAQ)を一覧しています
レビュー

お客様の声一覧

お客様のお声をご紹介するページです。またお客様インタビュー記事もございます。
adobe

Adobe Reader

FAX用紙PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerのインストールが必要です。